S21HT

SoftBank X04HTとEMOBILE S21HT、2種類のTouch Diamondを比較する

SoftBank X04HTとEMOBILE S21HT、2種類のTouch Diamondを比較してみよう。

どちらも、ベースになっているのは、HTCが2008年5月に発表したHTC Touch Diamond。
Windows Mobile 6.1 Professional EditionのOSに独自のUI、Touch FLO 3Dをかぶせたもの。
SoftBank X04HTはダイヤモンドカットの背面なのに比べ、EMOBILE S21HTの背面は簡略化されてフラット。全体にも丸みがある。

ボディサイズは
SoftBank(ソフトバンク) X04HTは、W51×H102×D11.35で、重さが110g
EMOBILE(イー・モバイル) S21HTは、W52×H102×D11.9で、重さが98g
とEMOBILEのS21HTが若干軽い。背面がフラットなのと、形状の丸みの差だと思われる。
10gにこだわらなければ、デザインの好みで選んでいい。

どちらも絵文字は使える。

通信速度は
SoftBank(ソフトバンク) X04HTは下り3.6Mbps
EMOBILE(イー・モバイル) S21HTは下り7.2Mbps
この差は大きい。この点ではEMOBILEがおすすめ。

SoftBank(ソフトバンク) X04HTは外部モデム未対応
EMOBILE(イー・モバイル) S21HTは外部モデム機能に対応
PC等でも使いたい時はEMOBILEがおすすめ。

さて、本体購入料金こみの料金だが、
SoftBank(ソフトバンク) X04HTは、新スーパーボーナス加入1180円+パケット定額フル1029円+ホワイトプラン980円で、3180円〜

EMOBILE(イー・モバイル) S21HTは、新にねんを契約したユーザーを対象にするアシスト1600と合算し、合計の月額料金は2600円〜
こちらもEMOBILEが有利。

デザインの好みもあるから一概にEMOBILEがいいとは言えないから、選択はお好みで。

本体を購入したら、こちらも忘れずに。
SoftBank X04HTとEMOBILE S21HTのアクセサリーと周辺機器リスト

em Touch Diamond (S21HT)(その1)

yu_htc.jpg

イーモバイル(EM)から発売された Touch Diamond (S21HT)。
一時に予約中止になるほどの大人気。
Touch Diamondは、海外で販売されていたHTC製の「Touch Diamond」を
S21HTとして、イー・モバイルが販売したもの。

まずは基本スペック

パケット通信速度 7200Kbps
液晶サイズ 2.8インチ
液晶画面解像度 640*480
カメラ画素数 320万画素
サブカメラ画素数 30万画素
カメラ撮影素子 CMOS
幅(W) 52mm
厚(D) 12mm
高(H) 102mm
重量 98g
連続通話時間 252分
最大待受時間 236時間

その他に、無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth 2.0+EDRも搭載
OSはWindows Mobileだが、TouchFLO 3Dを被せてあるから印象はかなり違う。
4GBのフラッシュメモリ内蔵だが、メモリーカードのスロット(例えばmicroSD)は無い。

WebブラウザはOpera Mobile 9.5を採用。YouTubeなどの動画再生も可能。
EMnetメールが利用できるから絵文字が可能。
またGPSを内蔵しているから、NAVITIMEと連動したナビゲーション機能も利用できる。

EMONSTER ハイパーナビゲーター