Google

Google AJAX Feed API カスタマイズ:HTMLタグを使う

Google AJAX Feed APIを使ってブログパーツを作る(その4)
Javascriptだけを使って外部RSSを取得して掲載。

■カスタマイズ(innerHTMLを使ったタグ使用)

Javascriptサンプル

      feed.load(function(result) {
        if (!result.error) {
          var container = document.getElementById(“feed”);
          for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
            var entry = result.feed.entries[i];
            var div = document.createElement(“div”);
            div.appendChild(document.createTextNode(entry.title));
            container.appendChild(div);
          }
        }
      });

feed.load(function(result) {
        if (!result.error) {
            var container = document.getElementById(“feed”);
            for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
                var entry = result.feed.entries[i];
                container.innerHTML += “<a href='” + entry.link + “‘>” + entry.title + “</a>■” + entry.content + “<br />”;
            }
        }
    });

これで

タイトル■内容
タイトル■内容
タイトル■内容

タイトル■内容

となる。(タイトルにはリンク付)

Google AJAX Feed API カスタマイズ:内容の取得サンプル

Google AJAX Feed APIを使ってブログパーツを作る(その3)
Javascriptだけを使って外部RSSを取得して掲載。

■カスタマイズ(本文の取得)

Google AJAX Feed APIで取得できるのはタイトルだけではありません。
以下の要素を取得・表示できます。

日付「entry.publishedDate」
リンク「entry.link」
タイトル「entry.title」
内容(タグ有)「entry.content」
内容「entry.contentSnippet」

Google AJAX Feed API カスタマイズ:表示件数の変更

Javascriptだけを使って外部RSSを取得して掲載。

API keyを入手したらオリジナルのスクリプトの作成に入る。
元にのはサンプルコードの、この部分。

    <script type=”text/javascript” src=”http://www.google.com/jsapi?key=あなたのKey”></script>
    <script type=”text/javascript”>
    google.load(“feeds”, “1”);
    function initialize() {
      var feed = new google.feeds.Feed(“取得したいRSSのURL”);
      feed.load(function(result) {
        if (!result.error) {
          var container = document.getElementById(“feed”);
          for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
            var entry = result.feed.entries[i];
            var div = document.createElement(“div”);
            div.appendChild(document.createTextNode(entry.title));
            container.appendChild(div);
          }
        }
      });
    }
    google.setOnLoadCallback(initialize);
    </script>

■設置方法

まず、<head></head>内に上記をペースト(KeyとURLは書き換え)
次に、表示したい場所に、<div id=”feed”></div>と記入。

間違いが無ければ、該当するRSSのタイトルが4件表示されるはず。

■カスタマイズ(取得件数/表示件数の変更)

      var feed = new google.feeds.Feed(“取得したいRSSのURL”);
      feed.load(function(result) {

      var feed = new google.feeds.Feed(“取得したいRSSのURL”);
      feed.setNumEntries(10);
      feed.load(function(result) {

これで「取得件数/表示件数」が10件になる。

Google AJAX Feed APIを使ってブログパーツを作る(その1)

レンタルブログやレンタルホームページといった、PerlやPHP等のプログラムが使えないサイトの中に、外部にある他のサイト(他ドメイン)で公開されているRSSを、Javascriptのみを使って掲載する方法。

通常Javascriptでは別ドメインのファイル(RSS)を取得すること(クロスドメイン処理)は難しいので、Googleが提供しているGoogle AJAX Feed APIを使う。

Google AJAX Feed
http://code.google.com/apis/ajaxfeeds/

■API Keyの取得

Googleのアカウントでログインし、Sign up for the Google AJAX Feed API
http://code.google.com/apis/ajaxfeeds/signup.html
にアクセス。規約を読みチェックを入れたら、掲載するサイトのURLを入れて、「Generate API Key」をクリック。

Thanks for Signing up for a Google AJAX Feed API key!
と共に以下の情報が提供される。

Your key is:あなたのAPI key

This key is good for all URLs in this directory:あなたが入力したURL

サンプルコード
Here is an example web page to get you started:
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml”>
  <head>
    <meta http-equiv=”content-type” content=”text/html; charset=utf-8″/>
    <title>Google AJAX Feed API – Simple Example</title>
    <script type=”text/javascript” src=”http://www.google.com/jsapi?key=あなたのKey”></script>
    <script type=”text/javascript”>
    google.load(“feeds”, “1”);
    function initialize() {
      var feed = new google.feeds.Feed(“http://www.digg.com/rss/index.xml”);
      feed.load(function(result) {
        if (!result.error) {
          var container = document.getElementById(“feed”);
          for (var i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
            var entry = result.feed.entries[i];
            var div = document.createElement(“div”);
            div.appendChild(document.createTextNode(entry.title));
            container.appendChild(div);
          }
        }
      });
    }
    google.setOnLoadCallback(initialize);
    </script>
  </head>
  <body>
    <div id=”feed”></div>
  </body>
</html>

Googleサイトマップからsitemaps.orgサイトマップへ

sitemaps.orgサイトマップはGoogle、Yahoo!、Microsoftがスポンサーに名を連ねサポートされている。

このsitemaps.org形式のサイトマップを作るにはいくつかの方法があるが、
以下のサイトで無料で作成してもらえるサービスを提供している。

http://www.sitemapdoc.com/

サイトの説明を見ると最大件数は500件までとなっているが、それでも効果は十分。

使い方は簡単
Url to map
と書いてあるフォームに自サイトのURL(例えばhttp://qolplus.com/
を入力したら、右にある
Create Map
ボタンをクリックするだけでいい。

Googleのクリスマスロゴ

google20071225.gif

季節や行事にあわせて、いろいろと変わるGoogleのトップロゴ
今年のクリスマスも素敵に飾られている。

アフィリエイトを始めよう(Google Adsense)

GoogleAdSencs.gif


まず上のリンクから、Google Adsenseのアカウントを取得してください。

AdsenseIDは「Google AdSense-アカウント設定」ページ
https://www.google.com/adsense/account-settings
のページに記載されている、「ロパティ情報」

コンテンツ向け AdSense: ca-pub-xxxxxxxx

として確認できます。

MT4でのサイトマップ作成(Google,Yahoo!,MSN対応)

サイトマップの作成は、GoogleやYahoo!やMSNにクロールされやすくなり、SEO対策としてはとても有効な手段。
Movable Type 4を使っているなら、簡単にテンプレートの追加で作成できるから、是非作成してSEOに役立ててもらいたい。
サイトマップ用テンプレートの作り方(Movable Type 4)
管理ページにログイン
「デザイン」→「ブログのテンプレート」→「インデックステンプレートを作成」
設定(一例)
テンプレートの名称→Google Sitemaps
テンプレートの種類→カスタムインデックステンプレート(そのまま)
出力ファイル名→sitemaps.xml
インデックステンプレートを再構築するとき、このテンプレートも再構築する→チェック
テンプレート



<$MTBlogURL encode_xml="1"$>
<$MTDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>
daily




<$MTEntryPermalink encode_xml="1"$>
<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$> 1.0






<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>







<$MTArchiveLink encode_xml="1"$>

<$MTEntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$MTBlogTimezone$>





※いろいろなサイトで公開されているから「MT4 google sitemap/0.9」等で検索するといい。

バックリンク数が確認できるブログパーツ

サイトURLの登録だけで、無料で専用のコードが発行される便利なサービス。
発行されたコードをサイトのHTMLにペーストするだけで、あなたのサイトにどれだけバックリンクが張られているかを検索エンジン別に確認できるできるようになる。

SEOのチェック時にとても便利なツールです。
Linkfind.org
http://www.linkfind.org/service_linkfind_index