Web2.0の時代をとっくに過ぎ、回線も高速になった今、あえてテキストブラウザを使ってみる。

なお、紹介する「WannaBe」のはクラシック環境が必要なので要注意。

WannaBe.gif

ダウンロードしたファイルでアクセスすると分かるが、そのままでは日本語は表示できず、文字化けの嵐になる。
そこで、WannaBe 1.1.0b5 J patchという日本語パッチが公開されているので、それを当てる。

当然のことながら、機能はミニマムだが、小説を読むのには最適かも知れない。