未分類

SEOスパムに注意

SEOの対策に被リンクを増やすという方法があるが、被リンクを目的とした「入り口ページ」を他のサイトに複数設置することはSEOスパムとみなされペナルティを課せられる場合がある。
また、Javascriptを利用したリダイレクトもSEOスパムと判断される場合があるので注意する必要がある。
また、昔流行ったmetaタグにキーワードを詰め込む行為や、画像のaltタグにキーワードを埋める方法もマイナス効果となっている。
当然、背景と同色で大量のキーワードを埋め込む方法や、cssで表示させないテキストを埋める方法もペナルティの対象となる場合があるので注意。

SEOを意識した場合のWebページサイズ

Googleの検索ロボットはページのサイズが100KBを越えるとインデックスをストップする。また、新しく登場したYahoo! Slurpは、ページのサイズが500KBを越えるとインデックスをストップする。
いずれにせよ、ファイルサイズに上限があることから、単に検索キーワードが多く含まれる方が良いといって、大量のテキストをページに掲載しても、効果は薄いと考えられる。
無駄なテキストは、利用ユーザーへの負担ともなるため、的確なサイズになるようにページ構成を考えるといい。

SEO・SEMに最適なHTMLの書き方

 SEO・SEMに最適なHTMLの書き方の基本は、綺麗なソースデータを作成することです。

無駄なタグを作らないことは基本ですが、外部スタイルシートを用いることにより装飾用のタグは極力排除することも大切です。
また、文章の構成をきちんと考えてマークアップすることも必要です。
つまり、SEO・SEMだからといって特別なタグを考える必要はないのです。
文章の構造を定義する代表的なタグに<H1>から<H7>がありますが、検索エンジンで<H1>のタグに囲まれた単語が重要視されるからといって、安易にページ内の見出しタグを全部<H1>にしたりしてはいけません。あくまで文章の構造に素直に、タイトル、大見出し、注見出し、小項目、等を段階的に区分し的確にタグを割り当てていくようにします。

ブログシステムの紹介/Movable Type(ムーバブルタイプ)

mt4.jpg
Movable Typeとは、ウェブログ・システムのひとつで、高い拡張性とカスタマイズ機能を備えています。
多くのブログで使われており、ブログの流行の元になったシステムとも言えます。

Movable Typeを動かすのには以下の環境が必要です。
Perl バージョン 5.6.1 以上が使えるWebサーバー
MySQL 4.0 以降、PostgreSQL 8 以降、SQLiteが使えるデータベースへの接続
その他、複数の外部モジュールが必要です。

ブログシステムの紹介/Nucleus CMS

nucleus.jpg
Nucleus とはPHPで書かれたコンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)ツールです。
主にWeblogやニュースサイト等に用いられますが、CMS機能を利用して、様々なホームページに取り入れることも可能です。

Nucleusを動かすのには以下の環境が必要です。
PHP 4.1以降が使えるWebサーバー
MySQL 3.23.x以降が使えるデータベースへの接続

ブログシステムの紹介/P_BLOG

pblog.jpg
P_BLOG とはPHP + MySQLベースの国産Weblogツールです。
特徴として、通常のログ管理機能の他、ファイルダウンローダー、アクセス解析、フォーラムスタイルでも使えるコメント機能、トラックバック送受信機能、更新Ping送信機能、CSSスイッチャー、そして独自のコンテンツ拡張機能「VARS」等があります。

Webブラウザの誕生

いまでは当たり前のように利用しているブラウザ。これがなければ、インターネットの世界はここまで広がらなかったかもしれない。

初期に作られたNeXTコンピュータ上で動くGUIベースの「WorldWideWeb」や「Line Mode Browser」「ViolaWWW」など、Macintoshで動く「Samba」、Windowsで動く「Cello」といった多くのブラウザが作られていたが、なんといっても大きな転換点となったのは、1992年に作られた「Mosaic」だと言える。
Mosaicは1993年にUNIX版が公開され、その後、Mac版、Windows版と続いて公開された。

商業用ブラウザとしては、1994年に「Netscape Navigator」が登場。一時は圧倒的なシェアをおさえていたが、マイクロソフトがWindows95発売と共に「Internet Exlorer」を開発し、OSに組み込むという戦略をとることで一気にシェアを伸ばしていく。裁判にもなったことが報じられてるので、覚えている人も多いかもしれない。
この時点で問題だったのは、各ブラウザでの独自機能や解釈をもたせることで競い、結果として「Internet Exlorer」用のページ「Netscape Navigator」用のページを用意しなくてはならないことになっていた。

現在ではW3Cの勧告により「Web標準」の意識も高まり、両者の差はだいぶ減ったといえる。(今もInternet Exlorerには独自仕様が多く悩みも多いが)

その後、ネットスケープ社は、Netscape Navigatorのソースコードを一般に公開し、mozilla.orgを設立し、「Mozilla」が誕生しNetscape Navigator自体も無償化される。

IE以外のブラウザ

ブラウザといえば、圧倒的にInternet Explorerがシェアをおさえているが、現在では様々なブラウザが登場しています。それぞれに機能・特徴があり、使いやすいものもあるので、一度ためしてみることをお薦めします。

Firefox(ファイアーフォックス)



[Windows][Linux][Mac OS X]
Mozilla Foundationが開発・公開している、オープンソースのWebブラウザ。Windows版、Linux版、Mac OS X版があり、いずれも無償で入手・利用することができる。2004年11月に最初の正式版が発表された。
タブブラウザ機能やポップアップブロック機能、ツールバーに統合されたGoogle検索、RSSリーダーを統合したライブブックマーク機能などが提供される。ツールバーやサイドバーは高度にカスタマイズ可能で、「テーマ」をダウンロードして好きな外観にすることができる。
同プロジェクトによって開発されたGeckoレンダリングエンジンを採用し、Web標準への準拠と高速な動作を実現している。Internet Explorerの備える拡張機能であるActiveXやVBScriptなどには対応しないため、これらを悪用するワームやトロイの木馬の影響を受けずに済む。
[出典:IT用語辞典]

Opera(オペラ)

[Windows][Mac OS][Linux][Solaris]
Opera Software社のWebブラウザ。コンパクトで軽快な動作が特徴。Javaアプレットの実行環境や、JavaScript、スタイルシートなどにも対応し、Webブラウザの基本的な機能は一通り用意されている。対応プラットフォームも多く、Windows/Mac OS/Linux/Solarisなどに対応したパッケージが配布されている。
かつてはシェアウェア風の料金体系を採用しており、インストール直後の状態では画面に広告が表示される。そのまま使用を続けても構わないし、Opera社に39ドルを支払って登録するとこの広告を消すことができた。2005年9月からは完全に無償で利用できるようになった。
[出典:IT用語辞典]

Safari(サファリ)

[Mac OS X]
Apple社が独自に開発したWebブラウザ。Mac OS Xの標準ブラウザとして内蔵されている。
タブブラウザ機能や、Googleによる検索機能を統合したツールバー、ポップアップブロック機能などを搭載している。特徴的な機能としては、最後に入力したURLまたは最後に選択したブックマークのページに一気に戻ることができる「SnapBack」機能がある。
Safariはオープンソースのソフトウェアをベースにしており、レンダリングエンジンにはKDEオープンソースプロジェクトの「KHTML」および「KJS」が採用されている。
[出典:IT用語辞典]

Macで簡単Favicon作成

Faviconとはブラウザでサイトを表示したとき、URLの横に表示される画像のことです。

まずはグラフィックソフトで16ピクセル×16ピクセルまはた32ピクセル×32ピクセルで作成。

OSX以降ならIcoMakerがお薦め

IcoMaker

作成は簡単
・新規作成
・イメージ読み込み
・faviconの名前で保存(.icoは自動で付く)

あとは

<link rel=”shortcut icon” href=”favicon.ico(favicon.icoを置いたURL)”>

で表示されるようになる。

OS9以前ならIconPartyというフリーソフトがある。

IconParty

利用規約・免責事項

利用規約
Digital Gateは運営するこのウェブサイト及び提供するサービスを快適にご利用いただくためにこの利用規約を設定しています。

利用規約・免責事項の変更および追加
Digital Gateは、本規約・免責事項を随時変更することができるものとします。本規約・免責事項を変更した場合、一切の事項は変更後の規約・免責事項によるものとします。本規約・免責事項の変更は、このウェブサイトで告知されます。利用者は、定期的にご確認ください。

免責事項
Digital Gateは、次の事項およびそれに起因する損害について、一切責任を負いません。
(1) 利用者が本サービスを通じて得た情報(スクリプト・データ・広告を含む)
(2) ウェブサイトの変更、一時停止、廃止。
(3) システム上の障害によるウェブサイトの中断・遅延またはデータ等の毀損・消滅。

Digital Gateは、このウェブサイトに第三者のインターネットサービスへのリンク(バナー広告等を含む)を設けることがあります。当社は、利用者がこれらのインターネットサービスを利用することに関して一切責任を負いません。

Digital Gateは、このウェブサイトまたは本サービスに関して利用者からなされる一切の問い合わせについて、回答を行う責任を負いません。

準拠法
本サービスその他本規約に関する準拠法は日本法とします。

利用者と当社との間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を専属的管轄裁判所とします。