WordPress mu のインストールと設定

WordPress muは、複数のブログを構築するのに便利なシステム。

基本的なインストールの方法は通常のWordPressに近いが、1点だけ注意点がある。
通常のWordPressをインストールしたことのある人は、直下にあるwp-config-sample.phpをコピーしてwp-config.phpにリネームし、通常のWordPressと同じように設定しアップロードしてしまう。
しかし、muでそれをしてしまうと
No WPMU site defined on this host. If you are the owner of this site, please check  Debugging WPMU for further assistance.
という1行のエラーメッセージが表示され悩むことになる。

WordPress muではインストールの途中で、データベースの設定をするから、ファイルをアップしたら、素直にインストールに進むこと。

ただし、既存のWordPressとの混在が気になるようであれば、table_prefix を wp_ から他のものに変えておくといい。

先にWordPress muのフォルダとその下のwp-contentのパーミッションを777にしておくと楽。
インストール後は755で運営。

■日本語化

『Google Code』http://code.google.com/p/wpmu-ja/

で日本語リソースをダウンロード

wp-contentフォルダ内にlanguagesフォルダを作成し、その中にダウンロードしたja.moとja.poをアップロードする。
あとはインストール後管理メニューでjapaneseを選ぶだけで日本語になる。

■サブドメインの設定について

インストールの最初に
Sub-domains (like blog1.example.com)
Sub-directories (like example.com/blog1)
のラジオボタンがある。

ドメイン名のAレコードをワイルドカード設定できるなら、サブドメインを選ぶといい。
SEO対策としてもGoogle Analyticsにもサブドメイン形式がお薦め。

なお、wordpress mu 2.6.1の場合、インストール完了後のメールの表題が文字化けしているので、
間違って捨ててしまわないように注意。

■インストール後、何も表示されない場合、

htaccessファイルにのパーミッションが600になっていることがある。
その場合h、htaccessのパーミッションを604に変更すれば、表示される。

 

デジタルゲートがお手伝い

ホームページをリニューアルしたい、スマホ対応にしたい、デザインそのままで機能だけ追加したい、更新だけ代行して欲しい。サイトを運営したいけど誰に相談したらいいか分からない。そんな時はお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク