アダルト動画や画像の検索が簡単で、しかも検索結果に表示される動画サムネールにマウスオーバーするとそのまま動画が再生されることから、誰でも簡単にアダルト動画が見られてしまう若年齢に対するフィルタリングの是非を問われていたマイクロソフトの新サーチエンジンBingですが、その読み方は「ビーイング」「ビング」どちらなのかという疑問の解答は「ビング」が正解。
開発段階でのプロジェクトコードネームは「kumo」と呼ばれていた。

http://www.bing.com/