“Movable Type”

MTOSでsitemap.xmlを自動作成させる方法

Movable Typeの版であるMTOSでは、SEOに効果が期待できるsitemapを自動で作らせることができる。

管理画面の「デザイン」→「テンプレート」と進み「インデックステンプレートを作成」
タイトルは「sitemap.xml」
以下のテキストをコピー

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84″>
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml=”1″$></loc>
<priority>1.0</priority>
</url>

<MTCategories>
<url>
<loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml=”1″$></loc>
</url>
</MTCategories>

<MTArchiveList archive_type=”Monthly”>
<url>
<loc><$MTArchiveLink encode_xml=”1″$></loc>
</url>
</MTArchiveList>

<MTEntries lastn=”1000″>
<url>
<loc><$MTEntryPermalink encode_xml=”1″$></loc>
<lastmod><$MTEntryModifiedDate utc=”1″ format=”%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ”$></lastmod>
<changefreq>daily</changefreq>
</url>
</MTEntries>
</urlset>

出力ファイル名は「sitemap.xml」

「保存」「再構築」を行う。

MT4iにGoogle Adsenseを入れる方法(サンプル付き)

MT4iを携帯用にしたMovable Typeを使って使っている人で、携帯版のグーグルアドセンス(google adsense)を入れたいと思っている人にGoogle Adsenseを埋め込む方法。

いくつかの方法があるが、まずはmt4i.cgi内に埋め込む方法。

mt4i.cgiのファイルを開き、以下のサンプルを追加。

その1
        # 結果をテンプレートに埋め込む
        $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);

        # 結果をテンプレートに埋め込む
        $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);
        $template->param(GOOGLE_AD => &google_ad);

その2
    # fill in some parameters
    $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);

    # fill in some parameters
    $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);
    $template->param(GOOGLE_AD => &google_ad);

その3
# —– 概要 —–
sub index_blog_description {
の上あたりに(場所ば他でも可能)

# —– Google —–
sub google_ad {
    my $str;

use LWP::UserAgent;
use Time::HiRes qw(gettimeofday);
use URI::Escape;

〜省略(最後の部分はちょっと変更する)

if ($google_ad_output->is_success) {
  $str = $google_ad_output->content;
}else{
  $str = “[ad]”;
}

    return $str;
}

これでmt4i.cgiの変更は終わり。

次に、テンプレートの変更。

tmplフォルダにあるindex.tmplを開く。

Google Adsenseを挿入したい場所に、
<TMPL_VAR NAME=”GOOGLE_AD”>
と入れ、保存。

各記事の詳細ページにGoogle Adsenseを入れたい時は、
individual.tmplを開き、
Google Adsenseを挿入したい場所
例えば、
<TMPL_INCLUDE NAME=”header.tmpl”>
の下に、
<TMPL_VAR NAME=”GOOGLE_AD”>
と入れ、保存。

タイトルよりも上にGoogle Adsenseを入れたい場合は
header.tmplに入れておくといい。

ブログシステムのインストール&カスタマイズ

各種ブログシステムのインストールからカスタマイズまで、幅広く承ります。
ご利用のサーバー環境にあったシステムのご提案から、ホスティングのご案内までご紹介いたします。

オープンソースのシステムを使えば、高価なライセンス費用や、プログラム開発費用をかけずに構築することが可能です。
このサイトもMovable Type version 4.01をベースとして構築しています。

Movable TypeによるBlog作成例:03style Blog

MT4で特定のカテゴリのみをトップページに表示したい

Movable TypeのCMS機能を使いホームページを作成・構築している人も多いと思いますが、エントリーを追加しつつ、トップページは、会社の説明や概要などを表示させておきたい場合のヒントなど。

デフォルトのままでは、最新記事がトップになってしまうため、最初に思いつくのが、トップにいて欲しい記事の日付を未来にすること。
でも、これはちょっと格好悪いですね。

同じようなことを考えている人は多いようで、便利なプラグインが公開されています。

MovableTypeのプラグイン、CatEntries

markpasc.org

ダウンロード

上記URLから、ファイルに保存とかで適当にテキストファイルとして保存。
拡張子が.txtだったら拡張子を「.pl」にして完了。

インストール

MovableType本体が置いてあるディレクトリ下のplaginディレクトリにファイルをアップロード。

使い方

メインページテンプレートのIndexテンプレートを開き、

<MTEntries>

</MTEntries>
の部分を

<MTCatEntries lastn=”5″ include=”ホームページ制作”>

</MTCatEntries >

としてあげればいい。(「ホームページ制作」は例として)
複数ある時は「,」で繋ぐ。(「ホームページ制作,ブログ構築,PHPプログラム」)
lastnは件数。

逆に表示したくないカテゴリーは
exclude=”アフェリエイト,サイトマップ”
とすればいい。

でも、
単に表示させたいカテゴリを決めるだけなら、プラグインは必要ない。

<MTEntries category=”ホームページ制作 or Webアプリケーション開発” lastn=”5″>

</MTEntries>

こんな感じでOK。
こっちの方が簡単で便利。

ブログシステムの紹介/Movable Type(ムーバブルタイプ)

mt4.jpg
Movable Typeとは、ウェブログ・システムのひとつで、高い拡張性とカスタマイズ機能を備えています。
多くのブログで使われており、ブログの流行の元になったシステムとも言えます。

Movable Typeを動かすのには以下の環境が必要です。
Perl バージョン 5.6.1 以上が使えるWebサーバー
MySQL 4.0 以降、PostgreSQL 8 以降、SQLiteが使えるデータベースへの接続
その他、複数の外部モジュールが必要です。