CMS

concrete5(コンクリートファイブ)のインストール方法と注意するポイント

■concrete5の動作環境について

・Apache
・MySQL 4.1以上
・PHP5以上

※注意
レンタルサーバーやホスティング等を利用している場合の注意点として、concrete5はPrefixに対応していないため、インストールには空のデータベースが必要。
前回書いたようなオープンソース、WordPress、Xoops、Joomla!、Drupal、EC-CUBE、OsCommerce、Zen Cart、Movable Type OS、Open PNE、オリジナルのプログラム等を既にインストールしてしまっている場合はエラーが出てインストールできない。
新規にデータベースを作成するか、別途レンタルすること。

また、GDライブラリー等のライブラリが必要なので、自宅サーバー等で構築している人等は要チェック。

SEO対策等を考える場合には、mod_rewriteに対応していることもポイントとなる。

■concrete5のダウンロードについて

本家からダウンロードするのもいいが、文字化けや細かい修正が施されているUsagi Projectのサイトで提供されているconcrete5日本語版のダウンロードをお薦めする。

http://concrete5-japan.org/
concrete5をダウンロード

■concrete5のインストールについて

空のデータベースが用意できたら、文字化け回避のために接続照合順序を「utf8_genetal_ci」にしておく。
パーミッションの設定を事前にしてもいいが、インストール途中でチェックしてくれるので、その結果から変更していっても構わない。

・ダウンロードしたファイルを解凍してサーバーにアップロード。
・concrete5をインストールしたサーバーにアクセス。
・左側にチェク結果が表示されるから、不具合があれば修正、変更する。
・右のフォーム「サイト&管理者情報」(あとで変更可能)、「MySQLデータベース情報」を記入したら、「concrete5をインストール」ボタンをクリック。

あとは数分でインストールが完了する。

完了後にユーザー名とパスワードが画面に表示されるから、忘れずに書き留めること。

トラブルがなければ、ここまで30分とかからないはず。

次回は、設定について。

concrete5(コンクリートファイブ)はオープンソースで、最強のホームページ制作運用ソフト

オープンソースが大流行りだが、そういった中で、今後話題の中心になりそうなのが、concrete5(コンクリートファイブ)というCMS。分類としてはブログ用システムではなくホームページ制作運用ソフトとなる。他のソフトとは全く違う使い方、Ajaxをふんだんに使い洗練されたスタイルが特徴とも言える。

■ concrete5(コンクリートファイブ)について

代表的なCMS系のオープンソースといえば、よく知られているものに限定しても、WordPress、Xoops、Joomla!、Drupal、EC-CUBE、OsCommerce、Zen Cart、Movable Type OS、Open PNE、と様々なものが存在している。「concrete5」というこれほど優れたソフトが今まで知られていなかったのには大きな理由があった。

それは価格。

concrete5(コンクリートファイブ)は2008年6月にオープンソース化され誰でも無料で使えるようになったが、それ以前は約130万円という金額で販売されていたソフトウェアだった。
高機能で洗練されている理由もそこにある。

無料になったとは言っても、そんな高機能なソフトである以上、膨大なファイルと高度なセットアップ技術や専門的知識がいるのだろうか。

答えは No。

圧縮されたconcrete5のファイル群は8MBも無い。
さらに、インストールに関してはいくつかのお約束が存在するが、それさえ済ませてあれば、インストールはあっけないほど簡単。

ダウンロードを含めても30分足らずで下のようなサイトがスタートできる。

Digital Gate :: concrete5
http://concrete.digital-gate.com/

これから、順を追ってconcrete5の入手からインストール、セットアップ、改造、concrete5用テンプレートの作成を掲載していく予定。

Geeklogカスタマイズ(5)

Geeklogの場合、<title>部分の表記順が

例:サイト名 - 各ページタイトル
となっているが、SEOに配慮した場合、各ページのタイトル(カテゴリ名など)が先に来る方がいい。

例:各ページタイトル - サイト名


修正ファイル:lib-common.php

if( !empty( $pagetitle ))
{
$pagetitle = ' - ' . $pagetitle;
}
$header->set_var( 'page_title', $_CONF['site_name'] . $pagetitle );

の部分を

if( !empty( $pagetitle ))
{
$pagetitle = $pagetitle . ' - ';
}
$header->set_var( 'page_title', $pagetitle . $_CONF['site_name'] );

にすればいい。

Geeklogカスタマイズ(4)

各ページにおけるパンくずリストは、以下のスクリプトを埋め込むことで表示されるようになる。

<a href=”http://digital-gate.com/”>HOME</a>
 &gt; <a href=”{story_topic_url}”>{story_topic_name}</a>
 &gt; {start_storylink_anchortag}{story_title}{end_storylink_anchortag}

修正ファイル:featuredstorytext.thtml(注目記事のテンプレート)
修正ファイル:storytext.thtml(記事のテンプレート)

Geeklogカスタマイズ(3)

ブラウザのキャッシュが原因で、データを修正したり、コメントを削除したりした場合に反映されないように見える時がある。
特にMacのSafariでは気になることが多い。

ブラウザのキャッシュをコントロールするmetaタグは以下のもの。
これを<head>〜</head>の間に挿入しておくといい。

<meta http-equiv=”Pragma” content=”no-cache”>
<meta http-equiv=”Cache-Control” content=”no-cache”>

修正するファイル:header.thtml

Geeklogカスタマイズ

ホームページ用として使用する場合等で、フッターに表示されている
『本ページのすべての商標と著作権はそれぞれの所有者に帰属します。』
という文章が適合しない場合は、以下の方法で修正が可能。

文章を修正したい場合

修正ファイル:
private/langeage/japanese_utf-8.php

文章を削除したい場合

修正ファイル:lib-common.php

    $footer->set_var( ‘copyright_notice’, ‘&nbsp;’ . $LANG01[93] . ‘ &copy; ‘
            . $copyrightyear . ‘ ‘ . $_CONF[‘site_name’] . ‘<br>&nbsp;’
            . $LANG01[94] );

    $footer->set_var( ‘copyright_notice’, ‘&nbsp;’ . $LANG01[93] . ‘ &copy; ‘
            . $copyrightyear . ‘ ‘ . $_CONF[‘site_name’] );

ブログシステムの紹介/Movable Type(ムーバブルタイプ)

mt4.jpg
Movable Typeとは、ウェブログ・システムのひとつで、高い拡張性とカスタマイズ機能を備えています。
多くのブログで使われており、ブログの流行の元になったシステムとも言えます。

Movable Typeを動かすのには以下の環境が必要です。
Perl バージョン 5.6.1 以上が使えるWebサーバー
MySQL 4.0 以降、PostgreSQL 8 以降、SQLiteが使えるデータベースへの接続
その他、複数の外部モジュールが必要です。

ブログシステムの紹介/Nucleus CMS

nucleus.jpg
Nucleus とはPHPで書かれたコンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)ツールです。
主にWeblogやニュースサイト等に用いられますが、CMS機能を利用して、様々なホームページに取り入れることも可能です。

Nucleusを動かすのには以下の環境が必要です。
PHP 4.1以降が使えるWebサーバー
MySQL 3.23.x以降が使えるデータベースへの接続