SmartyでHTMLタグを有効にする方法

OpenPNEで使われているSmartyは、通常HTMLタグが無効になるようにエスケープされる。
文字データを取得し表示する場合等はこのままで構わないが、アフィリエイト用タグやGoogleアドセンス、Google Analytics、RSSデータ等、タグをエスケープして欲しくない場合もある。
そんな場合は以下のようにnodefaultsを使うことでHTMLタグを有効にすることができる。

■SmartyでHTMLタグを有効にするサンプル

({$hoge:nodefaults})

※通常のSmartyでは、{$hoge}が置き換わるようになっているが、OpenPNEの場合、({$hoge})と表記する。

有効にしたい部分にnodefaultsを使うだけで、読み込むデータがそのまま表示されるようになる。

 

デジタルゲートがお手伝い

ホームページをリニューアルしたい、スマホ対応にしたい、デザインそのままで機能だけ追加したい、更新だけ代行して欲しい。サイトを運営したいけど誰に相談したらいいか分からない。そんな時はお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク