アクセシビリティは基本的な部分への配慮

Webコンテンツのアクセシビリティは2004年6月に、JIS X8341-3『高齢者・障害者等配慮設計指針‐情報機器における機器,ソフトウェア及びサービス‐第三部:ウェブコンテンツ』としてJIS化されました。
表題の通り、アクセシビリティとは高齢者や障害者等に配慮した設計であり、高齢化時代を迎えている日本にとって、より考慮すべきものとなっています。つまり、そこに立派な文章が書いてあったとしても、読むことが難しい状態で公開されているなら、サイトにとってマイナスの要素にしかならないからです。

 

デジタルゲートがお手伝い

ホームページをリニューアルしたい、スマホ対応にしたい、デザインそのままで機能だけ追加したい、更新だけ代行して欲しい。サイトを運営したいけど誰に相談したらいいか分からない。そんな時はお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク