MTS Simple Booking-C利用で、作成した「設定用の固定ページ」をメニューから除外したい

WordPressで予約システムができるプラグイン、MTS Simple Booking-Cでは、実際にカレンダーを表示させ使用するページ以外に、設定用としてスラッグ名「booking-form」、スラッグ名「booking-thanks」の「固定ページ」を作成する。
WordPressの機能として「固定ページ」を作成すると自動的にメニューに表示されるようになるが、この2つの設定用ページは直接閲覧するためのページでは無いため、メニューに表示されているのは好ましくない。

■利用中のテーマがメニュー編集に対応している場合

  • ダッシュボード→メニュー
  • 新しいメニュー名を設定
  • 表示させたい「固定ページ」にチェックを入れ「メニューに追加」

という手順でメニューに表示させたくない「固定ページ」を消すことが可能。

■利用中のテーマがメニュー編集に対応しない場合(その1)

  • 記事IDを調べる
  • スラッグ名「booking-form」の記事のID(例:15)
  • スラッグ名「booking-thanks」の記事のID(例:16)

表示させたくない記事IDは「15」「16」。

/wp-content/themes/テーマファイルフォルダ/

にある、functions.phpに

function my_mts_menu($args){
    $args['exclude'] = '15,16';
    return $args;
}
add_filter('wp_page_menu_args','my_mts_menu');

を追加。

これで記事ID「15」と「16」はメニューに表示されなくなる。

■利用中のテーマがメニュー編集に対応しない場合(その2)

テーマファイル内で「固定ページ」のメニューを書き出している部分(header.php等)

<?php wp_list_pages(); ?>

に、除外したい「固定ページ」のIDを引数として追加

<?php wp_list_pages('exclude=15,16' ); ?>

この方法でも同様に、記事ID「15」と「16」はメニューに表示されなくなる。

 

デジタルゲートがお手伝い

ホームページをリニューアルしたい、スマホ対応にしたい、デザインそのままで機能だけ追加したい、更新だけ代行して欲しい。サイトを運営したいけど誰に相談したらいいか分からない。そんな時はお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク