MT4iにGoogle Adsenseを入れる方法(サンプル付き)

MT4iを携帯用にしたMovable Typeを使って使っている人で、携帯版のグーグルアドセンス(google adsense)を入れたいと思っている人にGoogle Adsenseを埋め込む方法。

いくつかの方法があるが、まずはmt4i.cgi内に埋め込む方法。

mt4i.cgiのファイルを開き、以下のサンプルを追加。

その1
        # 結果をテンプレートに埋め込む
        $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);

        # 結果をテンプレートに埋め込む
        $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);
        $template->param(GOOGLE_AD => &google_ad);

その2
    # fill in some parameters
    $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);

    # fill in some parameters
    $template->param(BLOG_LOGO => &index_title_logo);
    $template->param(GOOGLE_AD => &google_ad);

その3
# —– 概要 —–
sub index_blog_description {
の上あたりに(場所ば他でも可能)

# —– Google —–
sub google_ad {
    my $str;

use LWP::UserAgent;
use Time::HiRes qw(gettimeofday);
use URI::Escape;

〜省略(最後の部分はちょっと変更する)

if ($google_ad_output->is_success) {
  $str = $google_ad_output->content;
}else{
  $str = “[ad]”;
}

    return $str;
}

これでmt4i.cgiの変更は終わり。

次に、テンプレートの変更。

tmplフォルダにあるindex.tmplを開く。

Google Adsenseを挿入したい場所に、
<TMPL_VAR NAME=”GOOGLE_AD”>
と入れ、保存。

各記事の詳細ページにGoogle Adsenseを入れたい時は、
individual.tmplを開き、
Google Adsenseを挿入したい場所
例えば、
<TMPL_INCLUDE NAME=”header.tmpl”>
の下に、
<TMPL_VAR NAME=”GOOGLE_AD”>
と入れ、保存。

タイトルよりも上にGoogle Adsenseを入れたい場合は
header.tmplに入れておくといい。

 

デジタルゲートがお手伝い

ホームページをリニューアルしたい、スマホ対応にしたい、デザインそのままで機能だけ追加したい、更新だけ代行して欲しい。サイトを運営したいけど誰に相談したらいいか分からない。そんな時はお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク