iPhone・iPod

Movable TypeのブログをiPhone/iPod touch対応版にする方法

Movable Typeを利用したブログ(Blog)をPC以外に対応させたい場合、携帯であればMT4i等がよく知られているが、AppleのiPhone/iPod touchに対応させたい場合は、テンプレートを利用する方法がある。

下記URLで配布されているテンプレートを利用するだけで、Movable TypeのブログをiPhone/iPod touch対応にすることができる。
同梱されているreadmeのステップに従い進めていけば、簡単にiPhone/iPod touch対応が完了する。

また、この方法では、MT4iとは違い、投稿/再構築時にhtmlの静的ファイルを作成するため、大量のアクセスを集めるサイトでも、問題なく導入できる。

なお、このテンプレートはオープンソースで公開されているので、利用もしやすい上、同じくオープンソースで公開されている「iUIライブラリ」を利用して、指で操作するユーザーインターフェース(UI)を実現しているところも優れている。

「iPhoneテンプレートfor MT」配布サイト
http://cremadesign.jp/blog/iphone/iphone_template_for_mt.html

「導入例:サンプルサイト」
http://blog.03style.com/iphone/

iPhoneおすすめアプリ

iPhoneを買ったら、とりあえず入れておきたい、おすすめアプリ。

■Mini Piano (無料版あり)

TVのCMでお父さん犬が窓辺で弾いているピアノアプリ。

■FUEditor(無料)

カットアンドペーストが出来るエディタ。
書き込んだテキストは、そのままメールソフトに渡すことが可能。

まずは、ダウンロードの練習も兼ねて、インストールしてみるといい。

iPhoneで通信料金を節約する方法(その2)

iPhoneを買ったら、最初に設定しておくといいこと。

「設定」→「データの取得方法」 プッシュを「オフ」にする。
フェッチを「手動」にする。

通信費用が5980円でも構わない人以外は、最初に設定しておきましょう。

iPhoneで通信料金を節約する方法

iPhoneで3G通信を抑えて月額料金を安く済ませたい場合、いくつかの方法がある。

■Jailbreak、所謂「脱獄」という手段。

iPhoneをハッキングして、サードパーティ製の
アプリケーションをインストール可能な状態にすること。
これをすることによって、App Storeにない、3G通信をコントロールするアプリをインストールする。

今回、iPhone2.2にQuickpwn2.2.1を用いて脱獄してみたところ、
脱獄は成功したが、SoftBankのアンテナが全く立たなくなった。
双方のバージョンによって結果も変わる可能性はあるが、この方法はおすすめしない。

■APN disabler.mobileconfigという手段。

3G通信時にアクセスするアクセスポイントのプロファイルを存在しないものにして、
通信を防ぐ。

この方法は、iPhone2.2でも問題なく成功する。
APN disabler.mobileconfigを用いても、電話、SMSは影響を受けない。

無線LANの環境が整っている人は、この方法で
パケット定額フルの月額定額料を1,029円に抑えることができる。

iPhoneでダウンロードしたアプリが起動しない(立ち上がらない)時。

iPhoneにApp Storeでダウンロードしたアプリが、突然全部起動しなくなる(立ち上がらなくなる)ことがある。
最初から入っているアプリは問題なく起動する(立ち上がる)のに、ダウンロードしたアプリだけが、
一瞬だけ起動した(立ち上がった)のち、すぐにダウンしてしまう。

現在のところDRMを確認する部分に問題があるようだが、対策が施されるまでの対処法は以下の通り。

認証をし直したり、他の方法も紹介されているが、
簡単なのはApp Storeから新たにアプリをダウンロードする方法。
適当なソフトを選び、ダウンロード。認証を求められるから、パスワードを入力。
これで、他のアプリも起動するようになる。

アプリが起動しなくなったらお試しを。

i.softbank.jpのメールをPCで送受信したい時

iPhoneに与えられる@i.softbank.jpのアカウント。
自宅のPCで受信したい場合の設定方法。

i.softbank.jpは、POPではなくIMAPなのがポイント。
最近のメールソフトはIMAPに対応しているのが多いから、特に問題無いはず。

設定サンプルは以下のとおり

IMAPサーバ:imap.softbank.jp
IMAPポート:143

SMTPサーバ:smtp.softbank.jp
SMTPポート:587
SMTP認証:あり

注意するのは「SSLを使用しない」という点。

なお、softbankの仕様でメールは30日で自動的に削除されるから、
必要なメールはPCのメールアカウントで転送したりしておくといい。