iPhone・iPod

iPhone・iPod Touchにも使えるイー・モバイル使用の無線LANルータ『クティオ』発売

新しいiPhoneの節約通信環境とiPod Touchの通信環境

『クティオ』というCFカードスロットサイズのD01NXまたはD01NX IIを使用して3.6Mbpsまたは7.2Mbpsで接続可能になる無線LANルータが発売されました。

インターネットイニシアティブ(IIJ)とハイホー(hi-ho)は、携帯電話回線経由で通信が可能な無線LANルータ「モバイルブロードバンドアクセスポイント『クティオ』」を販売開始。製品は両社ユーザー以外も購入できる。
『クティオ(RS-LJ01)』は、IEEE 802.11b/gに準拠した無線LANルータ。本体サイズは約65mm×100mm×21.8mmで、USBポートまたはCFカードスロットに接続したデータ通信端末を使ってインターネット接続できるのが特徴。電源には、1800mAHのリチウムイオンバッテリを採用し、連続通信時間は約100分。セキュリティ面では、WPA/WPA2 (TKIP/AES)もサポートしているから安心できる。

IIJとhi-hoの両通信サービスが使える他、イー・モバイルのサービスでも利用可能であることから、既にD01NXまたはD01NX IIのカードを所有している人はそのまま通信端末を刺すだけで、CFスロットの無いPCはもちろん、iPhone・iPod Touchにも使える。以前紹介した「どこでもWi-Fi」よりも価格的には高額になるが、D01NX IIなら7.2Mbpsでの利用が可能であるため、ウェブブラウジングや動画閲覧といった通信速度が求められる場合には有利になる。

いままで、D01NX、D01NX IIとノートパソコンを持って外出していたユーザーには、iPhone・iPod TouchとD01NX、D01NX IIそしてクティオ(RS-LJ01)という最強の組み合わせで小型高速通信環境に移行できるチャンスとも言えるだろう。

そして、昨年後半にイー・モバイル契約で100円パソコンを購入したものの、速度の遅いWindowsパソコンをすでに持て余してしまっている人も、『クティオ』にはUSBポートに通信端末を接続することも可能だから、それを利用してiPhone・iPod Touchという新しい環境に移ってみるのも選択肢になる。

iPhone向け無料セキュリティサービスを開始

2009年4月8日、トレンドマイクロは「iPhone」「iPod touch」向けに無償のセキュリティサービスを開始しました。

同社のブラウザを組み込んだアプリケーションを使う事でフィッシングサイトなど不正サイトへの接続を防げるというもの。アプリは「App Store」で配布される。

気になるのは2点

・当然のことだが、ウィルス検出ソフト等をインストールする訳ではなので、safariを使った場合は何も効果がない。

・サイトの表示がsafariと100%互換なのかどうか。もし100%で無い場合、PCと同じようにブラウザ毎のレイアウト崩れ等が生じる可能性がある。

iPhone用メールアドレス交換用QRコード生成サイトにme.comを追加

iPhoneオーナーのためのメールアドレス交換用QRコード生成サイトを運営するデジタルゲートでは、いままでのアドレスに加え、me.comのメールアドレスのQRコードもメニューに追加しました。

これで、QRコード生成サイトで表示できるメールアドレスは、i.softbank.jp、yahoo.com、gmai.com、aol.com、me.comとなります。
これにより、iPhone以外のiPod Touchユーザーにもより便利になります。

iPhone、iPod Touchを使っている新入学、新社会人も、この季節、歓迎コンパから歓迎会そして、新しい人との出会いの機会に、携帯電話ユーザーとのメールアドレスの交換が必要になる機会が増えるので、このサイトをブックマークしておくと便利です。

『Digital Gate for iPhone』

http://iphone.digital-gate.com/

『QRCode Generator for iPhone』

http://iphone.digital-gate.com/qrcode/

iPhone向けSNS『iPhoneStyle』はパソコン(PC)からも登録が可能。

iPhoneオーナーのためのSNS『iPhoneStyle』はiPhoneユーザー専用のため、新規登録できるユーザーをi.softbank.jpのアドレスに限定していますが、登録はパソコン(PC)からも可能です。

登録や利用はすべて無料なので、iPhoneを買ったら、まず最初にiPhoneStyleに登録しましょう。

iPhoneStyle
http://iphone-sns.com/

下のリンクから直接登録ページを開くことができます。
iPhone SNSの新規登録はこちら

iPhone 3.0 の新機能、P2P Wi-Fiコネクションでメアド交換が楽になる

iPhone 3.0 の新機能のひとつ、P2P Wi-Fiコネクションは、2台のiPhone同士をBluetoothで探知しあってWi-Fiで繋ぐもの。
このP2P Wi-Fiコネクションは、WiFiネットワークが無い場所でもできる。

この機能により、iPhoneユーザー同士のメールアドレスの交換や電話番号の交換が簡単にできるようになる。
イベント、オフ会、合コン、もちろん仕事場でも活躍することになるだろう。

iPhone用SNSの登録可能アドレスにme.comを追加

デジタルゲートが運営する、iPhoneオーナーのためのSNS『iPhoneStyle』では、3月16日より@i.softbank.jpのみであった登録可能アドレスに@me.comを追加しました。

me.comはアップルが提供する、iPhone、iPod touch、Mac、Windows PCのためのサービスMobileMeで使用されているもので、me.comのアドレス追加は、i.softbank.jpの契約が出来ない国外に住むiPhoneオーナーに対応したものです。

なお、今回の変更により、国内でMobileMeを利用しているiPod touchユーザーも登録が可能となりました。

iPhone OS3.0の目玉はコピペ対応

米国時間3月17日に行われたアップルのイベントで発表されたところによると、iPhone OS3.0ではコピペが実現するという。
OSレベルでの対応なら、当然、同アプリ内部のみでなく、他のアプリ間でもコピー&ペースト(「メモ」に書いたアドレスをコピーして、safariのフォームにペーストする等)ができるようになるだろうと期待。

気になるのは、沢山の新しい機能の中に、現行のiPhone3Gでは使えないものがあるとされている点。

とはいえ、いずれにしても嬉しいニュース。

iPhone オーナーのためのiPhone対応無料レンタルブログ『OwnersStyle』を開始しました

ownersblogs.png
iPhoneオーナーのためのサービス『OwnersStyle』(βver.)を開始しました。
『OwnersStyle』は、iPhoneに対応したホームページを持ちたいiPhoneオーナーのための無料ブログサービスです。(PCからの閲覧にも対応)
iPhoneオーナー限定のため、ユーザーアカウントを登録できるメールアドレスはi.softbank.jpに限定しています。
iPhone用のテーマは自動的に設定され、PC用のテーマも複数の中から選んで変更することもできます。
iPhone オーナーのための無料レンタルブログ
Weblog for iPhone Owners

iPhone3Gに、どこでもWiFiを実際に接続してスピードテストした

ウィルコムストア
出荷が延期になっていたWillcom(ウィルコム)とBUFFALO(バッファロー)新製品、『どこでもWiFi』がようやく発売され、テストする機会があったので、iPhoneで実際に使用してのスピードテストをしてみた。 

設定は実に簡単。
どこでもWiFiの電源を入れてしばらくしたら、iPhoneの「設定」の「WiFi」に『どこでもWiFi』のアクセスポイント名が出てくるから、それを選択し、『どこでもWiFi』本体にあるNoをパスワードエリアに入力するだけ。
 さすがにスピードは出ないので、画像の多いサイトの閲覧には向かないが、メールチェックやちょっとしたパケットのやりとりなら問題ない感じだった。
スピードテスト結果は以下の通り。 

IMG_0037.PNG


IMG_0042.PNG

店頭やサイトではアップル製品に関しては、iPod Touchで『どこでもWiFi』を利用する紹介しかされていないが、iPhoneで『どこでもWiFi』を利用するとした場合の、最大のメリットはその接続料金の安さだろう。

iPhone3Gでパケット代を節約したい人は料金が気になると思うが先日のソフトバンクのキャンペーンでパケット上限金額が4400円位になったが、それでも年間15000円以上のメリットがある。 
1台で済ませるメリットもあるが、『どこでもWiFi』を使うと、ゲーム機であるDSiやDS、PSPなどのネット対戦系においてはレスポンスが良いという利点が生かした使い方もできる利点もある。
 いずれにしても『どこでもWiFi』の発売は、今後のWiFi環境に面白い影響を与えることは間違いないだろう。

iPhone OS 3.0 の新機能とは?

iphoneos3.jpg

3月17日にiPhone OS3.0のプレビューイベントが開催されるが、そこで発表される新機能は?
目玉機能としてはマルチタスク化があるが、シングルタスクのように見えるiPhone OS2.2だが、実際は一部はマルチタスクであり、その代表例は、音楽を効きながらゲームが出来たり、バックグラウンドでメール処理をしたりしている。
期待される機能はやはりコピー&ペーストだろう。アップルがどんなスマートな方法でコピー&ペーストを実現するか楽しみ。